新年一発目   

新年あけましておめでとうございます。
自転車に向き合って2回目の正月を迎えてしまいました。
ゆる~い感じではありますが、今年も宜しくお願い致します。

昨年来よりホイールがいまいちスムーズでない感じがしてて、ホイールの新調を考えて
いました。初サイクルモードで体験したヌルヌルとした軽い乗り心地も衝撃でしたし、
ホイールをあれこれ考えています。

が、しかし新調するほど乗ってないのは周知の事実なので、どうしようかと考えていました。
で、昨年末に衝動買いしたパーツが本日、届きました。
f0201014_522452.jpg

そう!ハブ内のベアリングのスチールボールです。
今使っているVUELTAのホイールはハブがShimanoの105なのです。以前一度分解した時
スチールボールが少ないように感じていたのも気になってましたので調べてみました。
f0201014_534736.jpg

図面から、
フロントは、径3/16inchのスチールボールが11pcs×2setで22個必要で
リアは、径1/4inchのスチールボールが9pcs×2setで18個必要なのがわかりましたので
予備も含めてフロント25個でリア20個を購入しました。
フロント15円/個・リア20円/個ですから予備とメール便送料を入れても935円です。
今回購入したのはG3という硬度が少し高めなスチールボールでです。

早速分解です。フロントは以前にグリスの入れ替えをしたことがあり比較的綺麗でしたが、
それでもグリスは黒ずんでいました。古い物を磁石で吸着してハブ内の古いグリスを拭き
取りました。案の定ボールの数が左右1つずつ足りないことが発覚!
新しいグリスを入れ規定数のスチールボールを入れ更にグリスアップして閉めました。
この時、無負荷空転させるとゴリゴリとしたのでナットを緩めて調整し、再び外側のナットを
締めてガタが無いことを確認の繰り返しを数度行い、スムーズに回転しガタが無くゴリ感が
ほんの微かに感じられるぐらいを目安に調整しました。

同様にリアも分解、先ず専用工具でスプロケを外してから取りかかります。
さすがにこちらは開けたことがなかったのでグリスもスチールボールも真っ黒でした。
スチールボールの数にはとくに問題はなく規定の9個が確認できグリスと共に新しい物と
交換し調整しました。
このベアリングのスチールボールの調整を玉あたり調節というようです。なかなか一発では
思ったようにいかず数度組み直しをしました。ガタは厳禁のようです。ガタがあるとスチール
ボールが片当たりし摩耗の原因になるようなので、納得のいくとこまで緩めたり締めたりと
4・5回繰り返しです。内側ナットの調整が決まっても外側ナットを締めるときが要注意です。
せっかく調整した内側ナットを動かさないように外側ナットを締めなければなりません。
久しぶりにスプロケも灯油で分解洗浄しピカピカになり、組み直して終了です。

今回スチールボールと共に購入した軽量クゥイック(Tranz-x)でホイールを固定して終了です。
f0201014_1938385.jpg

フロントホイール用が45グラム・リアホイール用が51グラムです。
シート用が36グラムはおまけですが、銅色のしぶいやつです。

次回ホイールを購入するときは面倒な玉当たり調整の無い、シールドベアリング内蔵のホイールに
しようと思いました。
早速試乗ですが、スルスルとした感じでなかなか良い感触です。

シェア・ザ・ロード[share the road]応援よろしく!→にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへf0201014_1335891.gif
[PR]

by cantaree | 2011-01-03 02:29 | 整備

<< 明日は乗るぞ~! 忘年会 >>