問題対策<1>   

植物というのは正直なものですね。前回温度上昇対策で循環ポンプを外したのですが、液温が
下がると葉は、ピーンとしたのに、しばらくするとまたダラーンとなりました。液肥が循環しないし
同時にエアレーションも無くなったためだと思われます。根に新鮮な液肥が届くのと酸素が届くの
とどちらも必要なんでしょうが、ポンプを再投入すると温度上昇がおきるので、当面エアレーション
のみをしてみようと思います。エアレーションを沢山すれば空気の流れで多少は液も動くと判断。

そこで、エアポンプから二股に分岐してシリコンチューブでつなぎ、ボックスの両側面に30cmの
折り曲げ自在エアーストーンをつけてみました。作動させると細かい気泡がでてきてよい感じです。
しばらくこれで様子を見てみることにします。
LEDは30cm角に赤と青のものが合計225個×2台です。
f0201014_0252560.jpg


前回半数枯れてしまった定植板ように、新たなタネを蒔いて成長を見守っています。
タネからの発芽はすんなりいっていますが、成長が少し遅いと思ったら、液肥のpHが7.0なって
いました。あわててダウン剤で6.0までさげました。

また、発芽用のタッパーに芽が出かけた人参の頭を入れてみましたが、なぜか成長が早い!
3日で5cmも伸びました。
f0201014_0271722.jpg


そして、こちらが発芽育成中のグリーンマスタードと、グリーンオークとワイルトストロベリーです。
f0201014_0281565.jpg


室温と湿度はPCでログとってます。あと1時間ごとにキャプチャー撮ってます。ここには
小さくてわかりにくいですが、キャプチャーの右上には液肥の温度計が写ってます。
液温は23.2℃です。
f0201014_0285448.jpg


応援よろしく!→にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へf0201014_1335891.gif
[PR]

# by cantaree | 2013-02-25 00:14 | 植物Labo

問題点勃発!   

前回購入したもので、少しずつではありますが、スタートしてます。
<準備>
NWボックスの蓋に縦横等間隔(130mm)で直径18mmの穴をドリルで空ける。
定植補助用に発泡スチロールを蓋に両面テープで固定(蓋穴の上に25mm角の穴を空けます。)
液肥の濃縮原液を作る-(アミノハウス1号 大塚ハウス2号・5号)
EC1.3 pH6.0になるように液肥を作る。
播種用のタッパーにDFT用苗床スポンジと水を入れ種子をセットし、発芽を待つ。
発芽し、苗床スポンジ下部より根がでてきたら、水を液肥に交換する。根が十分に伸びるよう
水位を上げる。根が5センチほど伸びたらNWボックスに移植する。

以上のような感じでスタートしましたが、ここまでの間にも失敗の連続でした。

・まず液肥の原液をもとに、DFTボックスに希釈した液肥を9L作りましたが、ph値を調整するために
 入れるダウン剤の量が難しいです。
 少しずつ入れても効かないので、少し多めに入れたら一気にph5.0いって、最初から作り直しに!
 アップ剤っていうのもあるようですが、ダウン剤しか手元になく9Lが一瞬でパーです。

・育苗からDFTボックスへ苗を移植したのですが、根の長さが十分でなかったようで、半数が
 枯れてしまった。

・根周辺のリフレッシュと酸素供給のためエアレーションを行うのにボックス内に循環ポンプを投入
 しましたが、液温が平均23℃から28℃まで5℃水温があがり、葉がでれ~んとしました。
 ポンプのモーター部が発熱するのとDFTボックスが浅く小さいく蓋付きで密閉されているのが
 問題なんでしょうね。ボックス内に横に沈んでいるポンプを縦置きにし、ポンプモーターを水面の
 上にすることで解決と思ったのですが、もともと水中で機能するポンプなので、ポンプとフィルター
 の結合部が水面に出ると、空気が入って循環しないことが判明したので、一時循環中止です。

・他にEC計とpH計ですが、電源を入れっぱなしに気がつかず、いざ使おうと思ったら、電池切れ
 なんていうミスもありました。LR44×4個×2で、8個交換!

・余談ですが、ボックスの液肥を交換中、波打った液がドバっと溢れて、室温管理していたノートPC
 を直撃、電源を切り分解感想して復旧と思いきや、タイピングに異常がありキーボードが使用する
 と、 反応しないことが多発!仕方なくキーボード板を交換、さらに今後同じようなことが起こル可
 能性も あるので、キーボードかパーも追加購入設置しました。

まだまだ問題山積です!
 



応援よろしく!→にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へf0201014_1335891.gif
[PR]

# by cantaree | 2013-02-23 13:00 | 植物Labo

準備はいろいろ!   

植物Laboは既にスタートしてるんですが、完成にはまだまだほどとおいい~です。
なんせ、はじめてのことなので、あとから後から必要だと思うものが増えてゆきます。

わたしのDFTでまず用意したもの!
NWボックスを水槽用に採用しました。
f0201014_5123063.jpg

光源用に植物用LEDライト
f0201014_456125.jpg

pH測定メーターと校正液(顆粒のものです。)
f0201014_4565423.jpg

EC値計測用のTDSメーター
f0201014_4583136.jpg

TDSメーター用校正液
f0201014_501675.jpg

温湿度データロガー
f0201014_459204.jpg

水温確認用温度計
f0201014_51091.jpg

DFT用苗床スポンジ
f0201014_515994.jpg

デジタルプラグラムタイマー
f0201014_524067.jpg

後は、百均で1Lメスカップ×2 100ccカップ×2 注射器(大・小)各1 
発芽用タッパー×2 ロート×1 1L蓋付瓶×2 500cc蓋付瓶×2 ピンセット 杓文字

後は薬局で、精製水1リッター  

ホームセンターで、発泡スチロール3cm厚1枚  黒色プラダン1枚 加工用20mmドリル

記録用ノートPC1台 Webカメラ1台

19mm軸 幅800mm 6段の棚

第一弾はこんなところです。自転車同様最初は、とにもかくにも購入するものが多いです!



シェア・ザ・ロード[share the road]応援よろしく!→にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへf0201014_1335891.gif
[PR]

# by cantaree | 2013-02-11 05:09 | 植物Labo

DFT実験スタート!   

昨年秋口に水耕栽培の講習に通いました。
本業とは別に新たな試みに挑戦しようかと思いですが、いきなり独学っていうのも邪道っていうか、
遠回りしたくないので、専門の講習会(植物Labo)クリーンベジタブル検定講座に参加してみました。

室内環境で、人工光(蛍光灯やLED)での水耕栽培(土は使わず液肥のみ)です。
NHKの番組で特集していた「植物工場」に共感したというか、ベランダでの植木いじりの延長で興味を持ちました。
上は講習会で見たミニ栽培で、下が講習時のミニ実験です。
f0201014_5163664.jpg
f0201014_5182314.jpg

何でも栽培は可能なようですが、タンク型(DFT)水耕栽培だと葉物野菜が中心のようです。
2ヶ月に及んだ講習の最後に収穫した1株のフリルレタスです。
シャキシャキしてて旨かったですよ!
f0201014_52315.jpg

自宅の室内で太陽光で実験的に育てている葉物類です。右側は食べちゃいました!
f0201014_4333880.jpg

習ったことをもとに室内で実験開始です!

シェア・ザ・ロード[share the road]応援よろしく!→にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへf0201014_1335891.gif
[PR]

# by cantaree | 2013-02-03 05:26 | 植物Labo

あらたな試み!スタート!   

ブログをすっかりサボっている間に年を跨いでしまいました。
初乗りはFiveさんと横浜へ行ってきましたよ!
f0201014_534102.jpg

何十年ぶりか久々の赤煉瓦倉庫
f0201014_5322293.jpg

初詣とは違うんだけど、一昨年前に鎌倉行ってから、こっち方面へ来ると年が明けたと思っちゃいます。
本年もよろしくです!


シェア・ザ・ロード[share the road]応援よろしく!→にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへf0201014_1335891.gif
[PR]

# by cantaree | 2013-01-20 20:59 | サイクリング